商品情報にスキップ
1 3


ブランド: Matthews Effects

Matthews Effects/BROKER

Matthews Effects/BROKER

JANCODE: 4562459905153

想定売価 (税込)
通常価格 ¥34,100
通常価格 セール価格 ¥34,100
※想定売価は予告なく変更となる場合がございます。
お求めはお近くの楽器店やオンラインショップにお問い合わせください。

詳細を表示する
種類:オーバードライブ
アダプター:9Vセンターマイナス
電池駆動:-
コントロール:VOLUME、TONE、GAIN、VOLUME、TONE、GAIN


Matthews Effects / BROKER
マシューズエフェクツ / ブローカー


Matthews Effects BROKERは、コンパクトサイズにデュアルオーバードライブをまとめたペダルです。内部の2つのオーバードライブの接続順を切り替えることもでき、場所をとらずに2台のオーバードライブを使い分けることができます。

BROKERにはブラックチャンネルとシルバーチャンネルの2つのユニークなオーバードライブを組み合わせています。2つのチャンネルは互いに補完するよう設計されています。

・ブラックチャンネル
ブラックチャンネルはクラシックなソフトクリッピングオーバードライブです。この回路のサウンドが素晴らしいのは808の理由がありますが、あえてここに記載せずとも、多くのギタリストが知っているはずです。ブラックチャンネルは赤LEDでON/OFFを表示します。

・シルバーチャンネル
クラシックなBlues Breaker回路のホットロッドバージョンです。ゲルマニウムハードクリッピングダイオードと、新たなアウトプットセクションを追加することで、オリジナル回路を新しいレベルに引き上げます。ダーティなブーストから太くヘヴィなオーバードライブまで広いゲインレンジがあります。シルバーチャンネルは青LEDでON/OFFを表示します。

●コントロール
・ブラックノブ
GAIN:ブラックチャンネルのゲインをコントロールします。ブーストからミディアムオーバードライブまでをカバーします。
TONE:アクティブトレブルコントロールで、高域を中心に音色を調整します。
VOLUME:ブラックチャンネルの音量を調整します。

・シルバーノブ
GAIN:ダーティブーストからヘヴィオーバードライブまで広いゲインレンジを調整します。
TONE:パッシブトレブルコントロールで、音色を調整します。
VOLUME:シルバーチャンネルの音量を調整します。

フットスイッチ(左下):最初のチャンネルのON/OFFを切り替えます。赤LEDはブラック、青LEDはシルバーチャンネルです。

フットスイッチ(右上):後段に接続されたチャンネルのON/OFFを切り替えます。赤LEDはブラック、青LEDはシルバーチャンネルです。

左下のフットスイッチを5~10秒長押しすることで、ブラックチャンネルとシルバーチャンネルの接続順を切り替えることができます。チャンネルが切り替わるとLEDが点滅します。

●特徴
・デュアルオーバードライブ回路
・チャンネルスタッキング(チャンネルを重ねて新しい音を作ります)
・チャンネル接続順切り替え
・高品質なパーツを使用してアメリカで制作
・優れたサウンドとレスポンスを生み出すハイグレードコンポーネント
・トップマウントジャック
・高耐久ソフトタッチフットスイッチ

BROKERはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで動作します。消費電流は100mAです。電池駆動はできません。

サイズ(WxDxH):67 x 126 x 63mm (突起含む)
重量:321g


【Matthews Effects】
Matthews Effectsは、東ワシントンの郊外の小さなガレージメーカーとして始まりました。
そのサウンドは世界で評価を受け、頭角を表し、今では世界的なペダルブランドの1つとなっています。

Matthews Effectsのペダルは、リック・マシューズが設計、制作を行っています。リックは元々シンプルなスイッチャーを制作しており、そこから回路について多くを学びたいと考えていました。
B.Y.O.Cで数々のキットやエフェクトを制作するキースの元で働きながら、自身のペダル回路の構築についての経験を積みました。
そして、リックは全く違う視点からの回路設計を会得し、ペダルのレイアウトについて多くのユニークな視点を身につけ、世界的に支持を受けるエフェクターの設計を体得しました。そして、その経験はさらなる創造の原動力となっています。

Matthews Effectsのペダルアートワークは、Holy City Designのアレックス・ムーアが行っています。
  • note

  • Youtube Channel